私が酒買取にファイブニーズをオススメする理由 > お酒の買取 > ワインをファイブニーズで買取ってもらおう

ワインをファイブニーズで買取ってもらおう

ファイブニーズで高額買取が期待できるワインの銘柄【まとめ】

どのような状態でもほぼ高額買取が期待でき、他の業者よりも高い査定額が出るであろうワインの銘柄を紹介していきます。

 

DRCの銘酒「モンラッシェ」

ロマネ・コンティと並んでDRC社を代表するワインである「モンラッシェ」は、疑う余地なく高額買取が実現する銘柄です。

どの年代ものもでも20万円以上はほぼ確実ですが、1999年や2005年は特に当たり年と言われているため、40万円以上の査定額が期待できるでしょう。

 

「ドメーヌ・アンリ・ジャイエ」も高額買取必至

「ドメーヌ・アンリ・ジャイエ」のワインも希少価値が高く、非常に高値で買い取ってもらうことができます。
とりわけ驚くべき値段がつくのは1985年の「リシュブール」です。

これは60万円以上での買取が可能なワインであり、状態次第では80万円以上の値を付けてもらうことができます。

1990年の「ヴォーヌ・ロマネ クロ・パラントゥ」も30万円を超える査定がを付けてもらうことができるでしょう。

 

ファイブニーズで買取実績がある変わったワインの銘柄【まとめ】

お酒専門の買取業者ということもあって、ファイブニーズでは普通の人ではお目にかかれないような希少なワインを数多く買い取った実績を持っています。
その一部を紹介しましょう。

 

2004年「ロマネ・コンティ」

ワインでこれ以上のものはないと称される「ロマネ・コンティ」ですが、ファイブニーズではもちろんこれの買取実績があります。

特に当たり年と言われている2004年のものは世界中に欲しがる人やコレクターや業者が非常に多く、「ロマネ・コンティ」の中でも飛び抜けて希少価値が高い逸品です。

状態にもよりますが、この年のこの銘柄のワインは90万円以上はほぼ確実で、最高の状態であれば100万円も優に超えてくるでしょう。

 

2000年「シャトー・ムートン・ロートシルト」

2000年という年は世紀末ということもあって世界中で特別な年となりましたが、ワイン業界では「シャトー・ムートン・ロートシルト」がその存在感を示していました。
この年のこのワインは非常に価値が高く、ファイブニーズでも買取実績があります。

このワインは他の年のものと異なり、ボトルにラベルが貼られていません。
瓶に直接デザインが彫られていることもあり、それが希少性を高めているのです。

他のお酒専門買取業者よりも高く買い取った実績もありますから、このワインを持っている人はファイブニーズに査定してもらうべきでしょう。

Categories: お酒の買取