私が酒買取にファイブニーズをオススメする理由 > お酒の基本知識 > ウィスキーを買い取ってもらう前に…ウィスキーの基礎知識

ウィスキーを買い取ってもらう前に…ウィスキーの基礎知識

基礎知識① ウィスキーは穀物を原料として作られた蒸留酒

ワインやブランデーはフルーツを原料として作られたお酒です。
ウィスキーは穀物を原料として作られている点に、ワインやブランデーとの違いがあります。
また、ウィスキーは蒸留酒です。

穀物が使われ蒸留過程を経て製造されていることがウィスキーの条件ですが、その他にも、木製の樽で熟成されていなければなりません。

ウィスキーは原料の他に、どのような樽でどの程度熟成させるのかなどによって味わいや香りが変わってきます。

 

ウィスキーの代表的な原料

ウィスキーの原料として使われる主な原料は大麦とライ麦とトウモロコシです。

ウィスキーの定義は穀物を原料として作られていることであるため、これら以外の穀物を使用しても問題はありませんが、ほとんどお目にかかることはありません。

ただ、キビやアワなどを原料としたウィスキーはしばしば見られるため、興味があれば探してみてはどうでしょうか。

また、ウィスキーはこの原料の種類と、それらをどのくらいの割合で配合したのかによって味わいや香りが異なり、さらには呼び名が異なることもあります。

 

基礎知識② ウィスキーは普通のお酒に比べてアルコール度数がかなり高い

テキーラやウォッカなどと聞くと、非常にアルコール度数の高いお酒というイメージが思い浮かぶかもしれません。
それらに負けるとも劣らないアルコール度数を誇っているのがウィスキーです。

ウィスキーは、他のお酒と比べてもアルコール度数の高い部類に入っており、これよりも度数の高いお酒を見つける方が難しいのではないでしょうか。

 

ウィスキーのアルコール度数は40度から60度

ワインのアルコール度数は14度ほどが一般的です。
シャンパンはそれよりも少し低めですが、12度前後はあるでしょう。
日本酒や紹興酒で15度から17度程度となっており、マッコリは7度程度でビールは5度ほどとなっています。

アルコール度数の高い部類のお酒には、40度前後のテキーラや40度から50度のジンがあり、ウォッカはその多くがこれらと同様の40度から50度ほどとなっています。

ウィスキーのアルコール度数も40度ほどが定番ですが、中には60度を超えるものも存在しています。
ウォッカには90度を超えるものがあるものの、それに次ほどのアルコール度数の高さを誇っているのがウィスキーというお酒なのです。

 

基礎知識③ ウィスキーの種類と味の違い

ウィスキーには定番の種類がいくつか存在しています。
細分化すると数十にも種類分けできるのですが、ここでは最低限覚えておきたい3つの種類について説明していきます。

 

モルトウィスキー

大麦麦芽だけを使って作られたものが「モルトウィスキー」です。
複数回蒸留する点に特徴があり、また、品質維持や市場への安定した供給が難しい点も特徴です。
モルトウィスキーは原料と産地と製造方法によって味が大幅に変化します。

 

グレーンウィスキー

このウィスキーに使われるのは様々な穀物であり、特徴的なのは大麦麦芽をプラスし製造している点です。
口当たりはいいのですが、あまり深みが感じられず、単体で飲むよりはモルトウィスキーなどと混ぜて飲まれることが多いです。

 

ブレンデッドウィスキー

上記で説明したモルトウィスキーとグレーンウイスキーをまさに混ぜ合わせたものを「ブレンデッドウィスキー」と呼んでいます。
複数のウィスキーを混ぜ合わせるため大量生産に向いており、味が安定し、且つ風味豊かなものに仕上がる点が特徴的です。

 

Categories: お酒の基本知識