私が酒買取にファイブニーズをオススメする理由 > お酒の買取 > 日本酒の買取もファイブニーズがおすすめ!

日本酒の買取もファイブニーズがおすすめ!

ファイブニーズで高額買取が期待できる日本酒の銘柄【まとめ】

お酒の価値はもちろんのこと、それが入れられている瓶も含めて、高額買取間違いなしの日本酒銘柄をピックアップしてみます。

 

日本酒の王道「十四代」

日本酒を高く買い取ってもらいたいなら、まずは「十四代」を持っていないかをチェックしてください。
これがあれば、高額買取は決まったようなものです。

日本酒の中では飛び抜けて人気が高く、その多くが数万円という、日本酒ではほとんど見られない金額で買い取ってもらえるのが「十四代」です。
25万円以上が期待できる種類に「純米大吟醸 龍泉」があります。

さらに10万円以上の買取金額が期待できるものに「純米大吟醸 龍月 七垂二十貫」があります。
「純米大吟醸 七垂二十貫」や「大吟醸 双虹 斗瓶囲い」は5万円以上は確実でしょう。

 

「賀茂鶴」の色絵磁器は全て20万円超え

日本酒で20万円を超える金額で買い取ってもらえるものなど十四代以外にはないと、多くの人が考えるでしょう。
しかし、「賀茂鶴」という銘柄の「十四代柿右衛門色絵磁器」のシリーズは、どれも20万円以上で買い取ってもらえる可能性があります。

徳利型と四角型と瓢箪型の3種類がありますが、全てが超高額買取対象の日本酒なので、汚れや傷などで商品価値が落ちる前に、ファイブニーズの査定を受けるようにしてください。

 

ファイブニーズで買取実績がある変わった日本酒の銘柄【まとめ】

少しレアな日本酒の銘柄で、査定額や買取価格も高騰しているものを幾つかご紹介します。

 

出荷数が少ないためレアになっている「黒龍 しずく」

流通する数が少なければ必然的に希少価値も高くなるのですが、日本酒の中でそれに該当するものの一つが「黒龍 しずく」でしょう。
ファイブニーズが買い取った日本酒の中でもとても珍しい銘柄の一つに数えられます。

飲みやすいため幅広い層に人気があるものの、出荷数が限られているので、どうしても買取価格が高額になってしまうのです。

日本酒は日が経てば経つほど買取価格が低下してしまいますから、「黒龍 しずく」のような希少な日本酒であっても無理に所有することなく、早めに売却することをお勧めします。

 

珍しく且つ高額な「十四代 本丸 秘伝玉返し」

日本酒の銘柄の中でも人気が非常に高い“十四代”ですが、その中でファイブニーズの買取実績があり、且つ査定額がかなり高くなったものの一つが「十四代 本丸 秘伝玉返し」です。

人気の理由は、とても上品さがあり、日本酒の王道をいく味わいを持っているからでしょう。
強い癖がないからこそ多くの人に親しまれ、それにより希少価値が高くなっている側面があります。

そんな「十四代 本丸 秘伝玉返し」は“幻”と言われているほどで、決して簡単に手に入れられる代物ではありません。
売りに出せば、高額買取も期待できるでしょう。

 

Categories: お酒の買取