酒の買取ならファイブニーズにお任せ > お酒の買取 > 余った焼酎の買取もファイブニーズにお任せあれ!!

余った焼酎の買取もファイブニーズにお任せあれ!!

ファイブニーズで高額買取が期待できる焼酎の銘柄【まとめ】

持っているなら絶対に売るべき高額焼酎の銘柄をチェックしておきましょう。

 

バカラボトルもある焼酎「百年の孤独」

ウイスキーでもブランデーでも、バカラで作られたボトルに入れられたお酒は高価買取の対象となっており、ファイブニーズでももちろんかなりの金額を提示することが可能です。

焼酎の銘柄である「百年の孤独」の中にもバカラボトルが販売されており、「百年のボトル」は500ml入りにもかかわらず、10万円から15万円ほどの高額買取商品となっています。

 

焼酎M3の一角「森伊蔵」

焼酎の中で最も高値で取引される銘柄は何かと問われれば、迷わず「森伊蔵」と答えるでしょう。
それほど、この銘柄は人気のお酒となっています。
もちろん買取価格も高騰しており、あらゆる種類の「森伊蔵」が高価買取の対象となっています。

「極上森伊蔵×フランクミュラー 霧島切子グラス付き」は5万円から7万円くらいの査定額が付きますし、「同期の桜」や「錦江」や「あ々玉杯の同期」は5万円前後と、焼酎にしてはかなりの高額査定が期待できます。

 

ファイブニーズで買取実績がある変わった焼酎の銘柄【まとめ】

王道焼酎の中でも入手が簡単ではない銘柄を紹介していきます。

 

欲しい人が多い大人気の「森伊蔵 極上の一滴」

焼酎と言えば、と言われて頭に必ず思い浮かぶであろう「森伊蔵」は、ファイブニーズでももちろん買取の実績があります。
特に貴重なものとして挙げられるのは「極上の一滴」ではないでしょうか。

あまりにも貴重で欲しがる人が多いために“プレミアム焼酎”と呼ばれる銘柄が幾つかありますが、「森伊蔵」もその中の一つであり、「極上の一滴」は超が付くほどのプレミアが付いている名品です。

この焼酎は洞窟で熟成させることで飲みやすさを実現しているという、非常に面白い製造工程を経て作られています。
他の焼酎とは異なる味わいがあるのは、この作り方のせいなのでしょう。

 

手に入れるのが困難な「魔王」

焼酎に詳しくなくても、「魔王」という銘柄は聞いたことがあるかもしれません。
ファイブニーズの焼酎の買取実績の中でも非常に珍しく、そして高価なものの一つが、この「魔王」です。

この銘柄は、とにかく入手が困難です。
その理由はネーミングのインパクトもさることながら、その飲みやすさにあります。

銘柄名からは想像もできないほど飲みやすく、芋焼酎であるにもかかわらず果物のような風味が若い女性にもウケているため人気の層が非常に厚くなり、常に品薄状態が続いているのです。
「魔王」をお持ちなら、飲む前に査定してみてはいかがでしょうか。

Categories: お酒の買取