酒の買取ならファイブニーズにお任せ > お酒の基本知識 > 焼酎を買い取ってもらう前に…焼酎の基礎知識

焼酎を買い取ってもらう前に…焼酎の基礎知識

基礎知識① 焼酎は日本酒を蒸留したお酒

焼酎は蒸留と呼ばれる作業を経て作られるお酒です。
日本のお酒には日本酒がありますが、これは蒸留という工程を経ません。
いわゆる醸造酒であり、ここに大きな違いがあります。

正確であるとは言えないものの、醸造酒である日本酒を蒸留してアルコール度数を高めたものが焼酎であると解釈しても問題はないでしょう。

焼酎は穀物が原料として使われることがありますが、その場合発芽したものは使いません。
また、濾過する際に白樺の炭などが使われていない点も焼酎の条件の一つです。

さらに添加物についても厳しく定められており、連続式蒸留焼酎では36度のアルコール度数を超えないことに加え、単式蒸留焼酎では45度以下でなければならないとも定められています。

 

焼酎に用いられる原料の数々

焼酎には、実に様々な原料が使われています。
言い換えれば、原料に関しては特に規定はなく、どのようなものでも焼酎を作ることができるのです。
主な焼酎の原料を挙げてみましょう。

・米
・麦
・芋
・黒糖
・そば
・栗
・酒粕
・小豆

 

ここに挙げたものはほんの一部であり、変わり種で言えば、トマトやサボテンやシイタケなど、野菜からきのこ類まで、非常に多種多様な原料によって焼酎は作られています。

この点は他のお酒と大幅に異なる点であり、焼酎の面白さでもあるのかもしれません。

 

基礎知識② 焼酎の種類と味の違い

焼酎は原料によっても種類分けできますが、蒸留方法により種類分けをすることも可能です。
この種類と特徴の違いについてまとめてみましょう。

 

連続式蒸留焼酎

何回も蒸留を行いアルコール度数を高める製造方法によって作られた焼酎を「連続式蒸留焼酎」と言います。
これは「甲類」とも呼ばれており、大量生産に向いているため、価格が安いところが特徴の一つとなっています。

しかし、味に関しては非常にぼやけており、美味しいと表現できるほどの個性は持ち合わせてはいません。

 

単式蒸留焼酎

1度の蒸留により作られるのが「単式蒸留焼酎」です。
これは「乙類」と呼ばれており、一般的に米焼酎や芋焼酎などと呼ばれているものが該当し、原料の味を堪能できる個性ある味わいに仕上がるのが大きな特徴です。

コストがかかるため、銘柄によっては高価になる点もこの単式蒸留焼酎の特徴となっています。

 

混和焼酎

連続式蒸留焼酎と単式蒸留焼酎を混ぜ合わせて作られた焼酎が「混和焼酎」です。

甲類の割合がより大きい場合には“甲乙混和焼酎”と表現され、逆に乙類の割合がより大きい場合には“乙甲混和焼酎”と呼ばれます。
ただし、甲か乙かどちらかが5%未満の場合は混和焼酎とはなりません。

この割合やどのような種類の焼酎が混ぜられているのかによって、味わいや香りが全く違ったものとなります。

Categories: お酒の基本知識