私が酒買取にファイブニーズをオススメする理由 > お酒以外の買取 > 売れるのは酒だけじゃない!空き瓶買取のコツ

売れるのは酒だけじゃない!空き瓶買取のコツ

コレクション的な価値がある酒瓶は買取が可能

全てのお酒というわけではありませんが、非常に人気の高いお酒のボトルや、有名ブランドが手がけた空き瓶は、中身がなくても売ることができます。

貴重なボトルや空き瓶は、それだけでもコレクション的な価値があり、実際にコレクターが世界中に多数いるため、高値で取引されているのです。

飲んでしまったお酒のボトル等は、捨てる前にファイブニーズに査定に出してみてください。お金にもならずにただ捨ててしまうよりは、買い取ってもらい現金に変えた方が、双方にとって大きなメリットとなるはずです。

 

酒瓶を高値で買い取ってもらう際の注意点

お酒の入っていたボトルや瓶は、その状態で買取価格が変化します。
当然高く売った方がお得なので、高額査定が期待できる状態のまま査定に出さなければいけません。その際の注意点を押さえておきましょう。

 

栓などの付属品の有無がポイント

お酒の買取は、中身があろうとなかろうと、付属品の有る無しが査定額に大きく影響してきます。
空き瓶の場合も同様で、特に栓の類はしっかりと揃えておきましょう。

ワイン類であればコルクですし、高級ブランデーや高級ウイスキーなどの場合には替栓の存在が非常に重要になってきます。
もちろん、箱や袋もあれば、そのぶんだけ査定額を上乗せしてもらうことが可能です。

 

傷がつかないよう早めに査定へ

瓶やボトルは、観賞用としての用途がほとんどです。
中身がないので、視覚的にコレクターをいかに満足させられるかが重要となるのですが、そのために気を付けておきたいのが傷や破損などの有無です。

傷がついたり欠けてしまえば一気に査定額が落ち込んでしまうため、状態が今以上に悪くならないよう、早めに売却することをお勧めします。

 

掃除等は行わないのが基本

未開栓のお酒を売る際には軽く掃除をしておくと査定額がアップする可能性が高まりますが、空きボトルの場合は、そうとも言い切れません。
ボトルの中をよく洗ってから査定に出そうと考える人も多いものの、それは避けた方が無難でしょう。

なぜなら、ボトル内の香りがコレクターにとっては重要な要素となるからです。
よほど汚れていない限り、水で洗ったりはしないようにしてください。
洗剤を使うのは言語道断です。
香りが残った状態で査定に出すようにしましょう。

 

高額買取が期待できる酒瓶【まとめ】

どのような酒瓶なら高い査定額がつくのかをチェックしておきましょう。
家にあれば、早速査定に出してみてください。

 

バカラ製の空きボトル

空きボトルで値が一切崩れないのが、バカラ製のクリスタルボトルです。
このブランドの空き瓶であれば、当たり前のように1万円から2万円程度で買い取ってもらうことができます。

「ザ・マッカラン」の中でも1949年の50年ものであれば、木箱付きで3万円近くの値がつくことも珍しくありません。

 

高級ウイスキー「山崎」の空きボトル

日本が世界に誇るウイスキーブランドである「山崎」の50年ものの空きボトルは、高値での買取が期待できます。
箱などの付属品も完璧に揃っていれば、10万円を超える金額で売却することが可能です。

 

高級ワインの空きボトル

ワインの空き瓶で高額買取が期待できるのは、「ロマネ・コンティ」の1990年のものです。
これは5万円前後と、ワインの空き瓶の中でも群を抜いて高い金額となっています。

また、シャンパンの「ドンペリニヨン」も、ロマネ・コンティほどではありませんが、高い査定額をつけてもらうことができます。

 

Categories: お酒以外の買取