酒の買取ならファイブニーズにお任せ > 2018年 > 4月

月別: 2018年4月

ファイブニーズならブランデーも買い取れる!!

ファイブニーズで高額買取が期待できるブランデーの銘柄【まとめ】

持っている人はあまり多くはないかもしれませんが、持っているなら早めにファイブニーズへと買取に出すべきブランデーの銘柄をまとめてみます。

 

「ヘネシー」のバカラボトル

ブランデーはバカラ製のボトルに入れられたものが複数販売されていますが、「ヘネシー」のバカラボトルは特に査定額が跳ね上がります。

その中でも高額での買取対象となるのが、「ヘネシー ファーストランディング 1868 バカラ」です。
“1868”とありますが、1868年製造のものではなく、販売は1998年となっています。

買取金額は20万円以上も可能で、付属品なども揃っていれば30万円近くまで査定額がアップするでしょう。
バカラ製のボトルということもあり、ファイブニーズでは空き瓶でも高額買取が可能となっています。

 

ブランデーの王様「レミーマルタン ルイ13世」

ルイ13世といえばブランデーの中では高級品として知られていますが、買取価格も他のブランデーとは比較にならないほど高額となっています。

「レア・カスク 42.6」や「ブラックパール」シリーズは、どれも100万円以上の査定額を提示してもらうことができますし、状態によってはさらに10万円から30万円はプラスして買い取ってもらうことができるでしょう。

それ以外の種類でも10万円は軽く超えてきますから、レミーマルタンのルイ13世があれば、まずは査定をしてもらうことをお勧めしておきます。

 

ファイブニーズで買取実績がある変わったブランデーの銘柄【まとめ】

ブランデーならではの、少し変わった銘柄を紹介していきましょう。もちろん全てファイブニーズでの買取実績があります。

 

コレクター好みの「ルイ13世 ベリーオールド クリアケース」

超高級ブランデーであるルイ13世の中でも少々珍しく、飲むためというよりもコレクションのために売買されることの多い銘柄があります。
それが「ルイ13世 ベリーオールド クリアケース」です。

名称通り、これはクリアケースに入れられ、そのまま飾ることも可能なブランデーです。
替栓も一緒に楽しむことができ、観賞用のブランデーと言ってもいいでしょう。

この銘柄が変わっているもう一つの理由に、終売品である点も挙げられます。
同じブランデーはもう二度と出荷されないため、それにより希少価値が高まっているのです。

 

「レミーマルタン XO スペシャル旧ボトル」

レミーマルタンの中でも、「レミーマルタン XO スペシャル旧ボトル」が他のものと比べて変わっている点は、そのボトルにあります。

正確にはラベルが現行品とは異なり古いタイプのものとなっているのです。
当然ですが、旧ラベルのものは価値が高く、買取価格も高値になりやすい傾向があります。

ファイブニーズでは「レミーマルタン XO スペシャル旧ボトル」を1万円以上で買い取っていますが、現行ボトルは数千円であることを考えると、十分に売却する価値が出てくるでしょう。

 

Categories: お酒の買取

ワインをファイブニーズで買取ってもらおう

ファイブニーズで高額買取が期待できるワインの銘柄【まとめ】

どのような状態でもほぼ高額買取が期待でき、他の業者よりも高い査定額が出るであろうワインの銘柄を紹介していきます。

 

DRCの銘酒「モンラッシェ」

ロマネ・コンティと並んでDRC社を代表するワインである「モンラッシェ」は、疑う余地なく高額買取が実現する銘柄です。

どの年代ものもでも20万円以上はほぼ確実ですが、1999年や2005年は特に当たり年と言われているため、40万円以上の査定額が期待できるでしょう。

 

「ドメーヌ・アンリ・ジャイエ」も高額買取必至

「ドメーヌ・アンリ・ジャイエ」のワインも希少価値が高く、非常に高値で買い取ってもらうことができます。
とりわけ驚くべき値段がつくのは1985年の「リシュブール」です。

これは60万円以上での買取が可能なワインであり、状態次第では80万円以上の値を付けてもらうことができます。

1990年の「ヴォーヌ・ロマネ クロ・パラントゥ」も30万円を超える査定がを付けてもらうことができるでしょう。

 

ファイブニーズで買取実績がある変わったワインの銘柄【まとめ】

お酒専門の買取業者ということもあって、ファイブニーズでは普通の人ではお目にかかれないような希少なワインを数多く買い取った実績を持っています。
その一部を紹介しましょう。

 

2004年「ロマネ・コンティ」

ワインでこれ以上のものはないと称される「ロマネ・コンティ」ですが、ファイブニーズではもちろんこれの買取実績があります。

特に当たり年と言われている2004年のものは世界中に欲しがる人やコレクターや業者が非常に多く、「ロマネ・コンティ」の中でも飛び抜けて希少価値が高い逸品です。

状態にもよりますが、この年のこの銘柄のワインは90万円以上はほぼ確実で、最高の状態であれば100万円も優に超えてくるでしょう。

 

2000年「シャトー・ムートン・ロートシルト」

2000年という年は世紀末ということもあって世界中で特別な年となりましたが、ワイン業界では「シャトー・ムートン・ロートシルト」がその存在感を示していました。
この年のこのワインは非常に価値が高く、ファイブニーズでも買取実績があります。

このワインは他の年のものと異なり、ボトルにラベルが貼られていません。
瓶に直接デザインが彫られていることもあり、それが希少性を高めているのです。

他のお酒専門買取業者よりも高く買い取った実績もありますから、このワインを持っている人はファイブニーズに査定してもらうべきでしょう。

Categories: お酒の買取