私が酒買取にファイブニーズをオススメする理由 > 2018年 > 3月

月別: 2018年3月

日本酒を買い取ってもらう前に…日本酒の基礎知識

基礎知識① 日本酒の歴史は非常に古い

日本酒はその名の通り、日本で生まれた独自のお酒です。
蒸留せずに作られるお酒で、一般的に水と麹と米で作られています。

日本の歴史がそうであるように、この日本酒も非常に長い歴史を辿って現在に至ります。
米で作られた酒が書物に登場するのは、西暦700年頃です。

実際にその前にもあった可能性がありますが、確実に言えるのは、この時代には米を原料としたお酒が日本で作られ、そして飲まれていたということでしょう。

現在と同様の手法により作られていたことがわかっているのは、西暦900年代です。

それから江戸時代に入り、日本酒を製造する職人が生まれ、商品としての価値が高まると共に一般庶民にも広まっていきました。

 

日本酒ができるまで

精米され洗われた上で水に浸けられた米は、その後蒸され、それと水と麹を同じ桶に入れ、発酵させます。

熟成させた後もろみを絞り、これによって酒と酒粕に分けられ、酒からは澱が取り除かれ、濾過の工程へと入ります。
濾過されたお酒は火が入れられ、殺菌が行われます。

熱を通したお酒に水を加え、アルコール度数や風味が調整されます。
この工程の後に再び濾過と火入れを行い殺菌をし、その作業を経たものを瓶に詰めれば、お店に並ぶ日本酒の完成です。

ちなみに、火を入れずに瓶詰めされたものは“生酒”と呼ばれ、販売されています。
火入れによって風味が損なわれないため保存には多少難はあるものの、火入れしたお酒にはない味わいが楽しめるため、とても人気の高いお酒となっています。

 

基礎知識② 日本酒の種類と味の違い

日本酒は、使用している原料や精米の割合によって、主に3つの種類に分類することが可能です。

 

本醸造酒

精米の割合が7割以下で、これ以外に米麹と醸造アルコールと水を使って作られた日本酒であり、且つ味や香りや色が素晴らしい状態のものを「本醸造酒」と呼んでいます。

本醸造酒の中でも特に味わいや見た目が優れたものを“特別本醸造酒”と呼ぶことができます。

 

純米酒

白米と米麹と水だけで作られるもので、味や香りや透明感などが優れたものを「純米酒」と呼んでいます。
使用される米の格付けにもルールがあり、これをクリアしていることが純米酒と呼ばれる条件となっています。

純米酒の中でもとりわけ優れたものに与えられる称号が“特別純米酒”です。
純米酒は非常に濃厚な味わいを放つ点で、他の日本酒と差別化することができます。
また、生産元の個性が出やすい種類でもあります。

 

吟醸酒

精米の割合が6割以下であり、これ以外に米麹と水と、あるいは醸造アルコールも加えて作られたものが「吟醸酒」です。

これは“吟醸造り”を経ていることも条件となっています。
味わいは他の日本酒と異なり、フルーツのような香りを伴っている点が特徴です。

吟醸酒の中でも醸造アルコールが加えられていないものは“純米吟醸酒”と呼ばれています。

さらに精米の割合が5割以下の白米と米麹と水と醸造アルコールで作られたものは「大吟醸酒」と呼ばれており、これのうち、醸造アルコールが加えられずに作られたものを“純米大吟醸酒”と呼んでいます。

醸造アルコールが加えられていない日本酒は非常に味わい深く、なめらかな舌触りとのど越しで楽しめるのが特徴です。

Categories: お酒の基本知識

焼酎を買い取ってもらう前に…焼酎の基礎知識

基礎知識① 焼酎は日本酒を蒸留したお酒

焼酎は蒸留と呼ばれる作業を経て作られるお酒です。
日本のお酒には日本酒がありますが、これは蒸留という工程を経ません。
いわゆる醸造酒であり、ここに大きな違いがあります。

正確であるとは言えないものの、醸造酒である日本酒を蒸留してアルコール度数を高めたものが焼酎であると解釈しても問題はないでしょう。

焼酎は穀物が原料として使われることがありますが、その場合発芽したものは使いません。
また、濾過する際に白樺の炭などが使われていない点も焼酎の条件の一つです。

さらに添加物についても厳しく定められており、連続式蒸留焼酎では36度のアルコール度数を超えないことに加え、単式蒸留焼酎では45度以下でなければならないとも定められています。

 

焼酎に用いられる原料の数々

焼酎には、実に様々な原料が使われています。
言い換えれば、原料に関しては特に規定はなく、どのようなものでも焼酎を作ることができるのです。
主な焼酎の原料を挙げてみましょう。

・米
・麦
・芋
・黒糖
・そば
・栗
・酒粕
・小豆

 

ここに挙げたものはほんの一部であり、変わり種で言えば、トマトやサボテンやシイタケなど、野菜からきのこ類まで、非常に多種多様な原料によって焼酎は作られています。

この点は他のお酒と大幅に異なる点であり、焼酎の面白さでもあるのかもしれません。

 

基礎知識② 焼酎の種類と味の違い

焼酎は原料によっても種類分けできますが、蒸留方法により種類分けをすることも可能です。
この種類と特徴の違いについてまとめてみましょう。

 

連続式蒸留焼酎

何回も蒸留を行いアルコール度数を高める製造方法によって作られた焼酎を「連続式蒸留焼酎」と言います。
これは「甲類」とも呼ばれており、大量生産に向いているため、価格が安いところが特徴の一つとなっています。

しかし、味に関しては非常にぼやけており、美味しいと表現できるほどの個性は持ち合わせてはいません。

 

単式蒸留焼酎

1度の蒸留により作られるのが「単式蒸留焼酎」です。
これは「乙類」と呼ばれており、一般的に米焼酎や芋焼酎などと呼ばれているものが該当し、原料の味を堪能できる個性ある味わいに仕上がるのが大きな特徴です。

コストがかかるため、銘柄によっては高価になる点もこの単式蒸留焼酎の特徴となっています。

 

混和焼酎

連続式蒸留焼酎と単式蒸留焼酎を混ぜ合わせて作られた焼酎が「混和焼酎」です。

甲類の割合がより大きい場合には“甲乙混和焼酎”と表現され、逆に乙類の割合がより大きい場合には“乙甲混和焼酎”と呼ばれます。
ただし、甲か乙かどちらかが5%未満の場合は混和焼酎とはなりません。

この割合やどのような種類の焼酎が混ぜられているのかによって、味わいや香りが全く違ったものとなります。

Categories: お酒の基本知識

ウィスキーを買い取ってもらう前に…ウィスキーの基礎知識

基礎知識① ウィスキーは穀物を原料として作られた蒸留酒

ワインやブランデーはフルーツを原料として作られたお酒です。
ウィスキーは穀物を原料として作られている点に、ワインやブランデーとの違いがあります。
また、ウィスキーは蒸留酒です。

穀物が使われ蒸留過程を経て製造されていることがウィスキーの条件ですが、その他にも、木製の樽で熟成されていなければなりません。

ウィスキーは原料の他に、どのような樽でどの程度熟成させるのかなどによって味わいや香りが変わってきます。

 

ウィスキーの代表的な原料

ウィスキーの原料として使われる主な原料は大麦とライ麦とトウモロコシです。

ウィスキーの定義は穀物を原料として作られていることであるため、これら以外の穀物を使用しても問題はありませんが、ほとんどお目にかかることはありません。

ただ、キビやアワなどを原料としたウィスキーはしばしば見られるため、興味があれば探してみてはどうでしょうか。

また、ウィスキーはこの原料の種類と、それらをどのくらいの割合で配合したのかによって味わいや香りが異なり、さらには呼び名が異なることもあります。

 

基礎知識② ウィスキーは普通のお酒に比べてアルコール度数がかなり高い

テキーラやウォッカなどと聞くと、非常にアルコール度数の高いお酒というイメージが思い浮かぶかもしれません。
それらに負けるとも劣らないアルコール度数を誇っているのがウィスキーです。

ウィスキーは、他のお酒と比べてもアルコール度数の高い部類に入っており、これよりも度数の高いお酒を見つける方が難しいのではないでしょうか。

 

ウィスキーのアルコール度数は40度から60度

ワインのアルコール度数は14度ほどが一般的です。
シャンパンはそれよりも少し低めですが、12度前後はあるでしょう。
日本酒や紹興酒で15度から17度程度となっており、マッコリは7度程度でビールは5度ほどとなっています。

アルコール度数の高い部類のお酒には、40度前後のテキーラや40度から50度のジンがあり、ウォッカはその多くがこれらと同様の40度から50度ほどとなっています。

ウィスキーのアルコール度数も40度ほどが定番ですが、中には60度を超えるものも存在しています。
ウォッカには90度を超えるものがあるものの、それに次ほどのアルコール度数の高さを誇っているのがウィスキーというお酒なのです。

 

基礎知識③ ウィスキーの種類と味の違い

ウィスキーには定番の種類がいくつか存在しています。
細分化すると数十にも種類分けできるのですが、ここでは最低限覚えておきたい3つの種類について説明していきます。

 

モルトウィスキー

大麦麦芽だけを使って作られたものが「モルトウィスキー」です。
複数回蒸留する点に特徴があり、また、品質維持や市場への安定した供給が難しい点も特徴です。
モルトウィスキーは原料と産地と製造方法によって味が大幅に変化します。

 

グレーンウィスキー

このウィスキーに使われるのは様々な穀物であり、特徴的なのは大麦麦芽をプラスし製造している点です。
口当たりはいいのですが、あまり深みが感じられず、単体で飲むよりはモルトウィスキーなどと混ぜて飲まれることが多いです。

 

ブレンデッドウィスキー

上記で説明したモルトウィスキーとグレーンウイスキーをまさに混ぜ合わせたものを「ブレンデッドウィスキー」と呼んでいます。
複数のウィスキーを混ぜ合わせるため大量生産に向いており、味が安定し、且つ風味豊かなものに仕上がる点が特徴的です。

 

Categories: お酒の基本知識