酒の買取ならファイブニーズにお任せ > 2017年 > 12月

月別: 2017年12月

酒買取業者ファイブニーズが教える!高額査定のポイント

高額査定のポイント① お酒を買い取る前に自分で簡単に掃除する

自宅にあるそのままの状態のお酒をファイブニーズに持ち込んでも売却することは可能ですが、可能な限り査定額を上げるためには、できるだけ綺麗な状態で査定にかけることが重要です。

簡単にで良いので、掃除をしておきましょう。
しかし、掃除をした方が買取額が高くなると言うと一生懸命掃除してしまう人がいますが、「簡単に掃除する」ということも実は大きなポイントとなります。

・ホコリを軽く払っておく
・瓶やボトルについた汚れを軽く拭き取っておく
・水分などが付いていれば拭き取っておく

 

この程度で問題ありません。
取れるか取れないかわからない汚れなどを無理に落としたり剥がそうとはしないでください。

簡単な掃除で対処できない汚れ等を無理に落とそうとすると、ラベルやコルク栓などを傷つけ、逆に査定額をダウンさせてしまうリスクが生じます。

 

高額査定のポイント② お酒の付属品があればすべて揃えて売る

お酒には、しばしば付属品とともに販売されるものがありますが、これが揃っているのといないのとでも査定額や買取金額が変化します。

もちろん付属品が全て揃っていれば、それだけ査定額が上がるので、もし残っていればお酒本体と合わせて査定に出すようにしてください。

お酒の付属品には下記のようなものがあります。

・本体を入れる用の箱や袋
・替栓
・ギャランティーカードや説明書
・グラス

 

高級品にはほぼほぼ何かしらの付属品が付いていますが、あまり高くないお酒でもケースに入れられていることは多く、当然それも一緒に査定に出した方が、高い値が付きやすくなります。

高級ブランデーやウイスキーのケースや替栓はそれ自体にも高い価値がつくため、あるのとないのとでは数十万円の差がつくことも珍しくありません。

 

高額査定のポイント③ 飲まないお酒はできるだけ早く売る

多くの人が、「お酒は古い方が高く売れる」と勘違いをしているようです。
古いお酒に高い価値が付くことはありますが、それは正しく保存されていたり、非常に珍しいお酒である場合に限ります。

一般の人でも手に入るようなお酒であれば、むしろ早めに売った方が査定額は高くなるでしょう。

飲まないと判断したお酒は、できるだけ早く売るのが、買取金額を高めるポイントとなります。

お酒は正しい保管状態を保たなければ未開栓であっても劣化し、量も減っていきます。
もしそうなれば高い査定額を付けることが難しくなってしまうのです。

飲むかどうかわからない場合は、一度ファイブニーズで査定をし、現在の査定額だけでもチェックしてみてはいかがでしょうか。
その時点で売るか飲むかの判断をしてもいいのかもしれません。